自分らしく、島田らしく、人も会社もオンリーワン

島田電機は1933年に創業したエレベーターの押しボタンや到着灯などの意匠器具をひたむきに、まっすぐに作り続けてきたオーダーメイドのモノづくり企業です。

強みは、専門性・提案力・使命感の3つで、国内シェアは6割以上、日本の多くの高層ビルのエレベーターに当社製品が使われておりますが、海外へも進出しグローバルなオンリーワン企業、チャレンジングな100年企業を目指しています。

また、島田電機らしい仕組み仕掛け、自由度の高いオープンな職場環境、上下関係に縛られないフラットな組織風土により、従業員エンゲージメントを高めています。

これからも島田電機は、オーダーメイドのモノづくりを軸にしながら、過去や常識にとらわれず新たな領域にも挑戦し、事業の幅を広げ組織の質を高めていきます。そして、島田電機で働く一人ひとりが “全員主役” 自分らしく、島田らしく、人も会社もオンリーワン!そんな人中心の成長・やりがいを体現できる会社を創っていきます。

代表取締役社長 島田正孝

 

VISION<理念>

島田電機製作所は日本のモノづくり企業として、

1. 世界に認められるオンリーワン企業を創る
2. 社員が働くことに誇りを持てる企業を創る

理念1と2に込めた想い
社員一人ひとりが組織にも、顧客にも、社会にもかけがえのない存在であることは、素晴らしく大切なことだと考えています。
”全員主役” 自分らしく、島田らしく、人も会社もオンリーワン!人が中心の「成長・やりがい」を体現できる会社を創りたい。

 

MISSION  <使命>

私たちはエレベーター意匠器具の専門メーカーとして、

1. 顧客の期待・要求・課題の解決に全力を尽くします
2. 世界の都市の発展と高層化に意匠のモノづくりで貢献します

使命1と2に込めた想い
日本で唯一のエレベーター用意匠器具の専門メーカー、ニッチトップ企業としての
責任とプライドで、市場に貢献し続けなければならない。

 

POLICY <方針>

経営方針
世界のエレベータ―市場における、当社プレゼンス(存在感)を高めていきます。
グローバルなオンリーワン企業、チャレンジングな100年企業を目指します。

品質方針
市場の変化、顧客ニーズを捉えた最高のモノ・コト・サービスを提供していきます。
仕事の質を高める努力を続け、顧客信頼度をさらに高めていきます。

教育方針
社員の成長なくして会社の発展はない。
社会人、企業人、島田人たる教育を行い、人間力を高めていきます。

 

SLOGAN <合言葉>

難しいは新しい、だから面白い

 

会社概要

社名 株式会社 島田電機製作所
代表者 代表取締役社長 島田正孝
所在地 東京都八王子市大和田町3-11-1
Tel:042-656-1401(代) Fax:042-656-1402
設立 1949年2月24日(昭和24年2月24日)
資本金 1,200万円
事業内容 各種エレベーター,エスカレーター用操作盤,表示器の製造及び販売
従業員 51名(2021年8月現在)
ISO 2003年にISO9001:2000の認証を取得
2018年にISO9001:2015の認証を取得
特許 ・パネル・インジケーター 第3877601号 登録日2006年11月10日
・発光点字 第3908061号 登録日2007年1月26日
・表示器具 第4956449号 登録日2012年3月23日
商標登録 ・ロゴマーク「」 商標登録済
・ブランド「SHIMAX」  商標登録第6193547号 2019年11月1日登録
・ボタンちゃん 商標登録第6206175号 2019年12月13日登録
・ボタンちゃん立体商標 商標登録第6227648号 2020年2月19日登録
取引先
(50音順)
  • サイタ工業株式会社
  • 東芝エレベータ株式会社
  • 日本オーチス・エレベータ株式会社
  • 株式会社日立ビルシステム
  • フジテック株式会社
  • 三菱電機株式会社 稲沢製作所
海外拠点 島田電機(上海)有限公司
関連会社 株式会社内原電機製作所
株式会社カネダエンジニアリング

 

アクセスマップ

 

沿革

1933年 (昭和8年) 東京都港区芝(現在の白金)にて創業。 創業者:島田有秋 ※日本のエレベーターメーカー 第一号機納入 日立1932年 三菱1935年 東芝1966年
1939年 (昭和14年) 事業拡大のため、世田谷区烏山に移転。
1949年 (昭和24年) 株式会社島田電機製作所として設立。 現在の事業体制としてスタート。 創立記念日:1949年2月24日
1955年 (昭和30年) 日立エレベータの仕事を開始する。
1963年 (昭和38年) 株式会社内原電機製作所を設立。 日立昇降機の電気品・監視盤などを広く生産する。
1965年 (昭和40年) 日本初の高層ビル(霞が関ビル36階)が建設され、その後は新宿都心部を中心に高層ビルが次々に建設され、島田電機の需要も増加する。
1990年 4月 (平成2年) 島田正孝 内原電機に入社し、日立水戸工場にて3年間の実習を行う。
1993年 4月 (平成5年) 島田正孝 島田電機に入社する。
1993年 12月 (平成5年) 社長島田正三郎の死去に伴い、副社長だった大里光基が社長に就任する。
2000年 4月 (平成12年) 社長大里光基の死去に伴い、島田清四郎が社長に就任する。
2002年 (平成14年) マシニングセンターを導入し、社内でアクリルの製作を始める。
2003年 (平成15年) ISO9001:2000認証取得する。
2006年 4月 (平成18年) 開発グループを発足し、自社で部品や製品の開発を始める。
2006年 9月 (平成18年) プロジェクトチームを発足し、中国の市場調査を開始する。
2007年 9月 (平成19年) 中国上海市に代表事務所を設立し、現地法人設立の準備を開始する。
2008年 11月 (平成20年) 上海市青浦区に島田電機(上海)有限公司を設立し、生産を開始する。4名にてスタート。
2013年 2月 (平成25年) 世田谷区烏山から八王子市(現所在地)に移転する。 建屋の床面積は烏山の約3倍となる。
2013年 9月 (平成25年) 島田清四郎に代わり、島田正孝が社長に就任する。
2015年 (平成27年) 巨大な中国市場における多様なニーズに対応するため、中国広州市に営業事務所を設立。
2017年 (平成29年) 中国へ進出して10年。 グローバルでの展開を更に拡充し続けている。
2018年1月 (平成30年) 市内の優良法人として、八王子法人会の「優法会」に、60社目の会員として入会が認められました。
2018年6月 (平成30年) 自社ブランド“SHIMAX”を立ち上げ、自社製品としてグローバル製品のラインナップを始める。
2018年7月 (平成30年) ISO9001:2015認証取得する。
2020年 2月 (令和2年) 2階フロアを全面リニューアルしました。「一緒に働く」をコンセプトにした壁や仕切りのないオープンスペース。
2020年 5月 (令和2年) 「1000のボタン」を設置しました。